遮光

鐘が撃ち落とされた日からずっと探していたものそれは案外美化されていたりしていて頭の中のあの鐘の音は未だに 綺麗に鳴り続けて実は錆び付いて少しずつ違う音色になっている事にも気付かず深みを帯びていくことが変わらないことと同じだと勘違いしてずっと…

幾千の夜

続いていく 作られた道に初めから終わりはあったか?僕らの旅はいつも どこかを目指しては たどり着いて終えることだけに 満足して 何かを目指さないままで 来たなそれなのに何かを追い求めてきたのは僕ら それがここではないどこかなら昨日も今日も終わらな…

青が潜む

暗闇の中でも 少し照らせばほら 空は青く 月の黄色も 明るすぎては 白く光り通り過ぎたファインダー 空を突いたような 星の光も 捉え続ければ 地球を回した線の後 青に潜む軌跡を 追い続け続けて かき集めた光の束は 昼の空に似ていた

光の産声

心は静かか? どこが果てかもわからない暗闇で 浮遊する 上下の境目はなく 手に宿した光 これから生まれてくるものを 紡ぎ出すための魔法だと その手から解き放つ 手からも 離れた その光 消え去り 音がするほう 目を向ける 瞼を突き抜ける空間で 私の未来も…

夢幻的かつ無限的

何か書こうと思いついた気がしたのに 忘れて管理画面を見つめ続けて時間がたつばかり。 それなので、取り合えずその事態を書いてみようと。 そういえば、前回書いたブログが無題こそ無題の空欄だったことに気が付く。 最近注意が散漫しているというか、つね…

そういえば、全然日常の事はまた書かなくなったなと。 自由に書ける空間で、思ったことをつらつらと出していこうかなと。 最近IKEAで買ったガーデンチェア。 連日の台風や、それに伴う秋雨前線の活発化で 雨が続き、これまでに使ったのは一回だけ。 秋の夜長…

光と影

夜空に浮かび上がる星空と月を見上げ思うのは いつも照らされているけれど 影を作り出しているのは 私の身体で 光に焦がれた思いは 罪深く 見失わないまま進められるなら 迷わず思いを持ち 向かい合うことが出来ただろうか 星屑の空光だらけの世界は 暗闇を…

「愛している」が存在しない世界で

不確かな思いばかりが 渦巻く中で 確かな言葉に拠り所を求めて 見つけは消して 消しては見つけを 繰り返しているよ 強い想いは 消えない夜を 積み重ねたものだから 崩れるときもあるけど また 一人 積み上げてくよ 人の身体が存在しない世界が もしも あれば…

夏霞

夏が騒ぎ出した それに掻き立てられるように 疼き出して 止まらなくなるのは 随分と久方ぶりのご無沙汰ぶりで ゴキゲンなままでいようぜ 汗が滴って 濡れて すぐに乾いてしまう 蜃気楼を伴う 4号線沿いで 何を求め続けただろう 暑さに五月蝿さを相俟って 疲…

違う

さぁ話を続けて そう言ったのは誰だろう それでも言葉は上手く出てこないや 喉元「これは違う」と押し込め そうやって無言のままで 「今日はもう疲れたから ここまででいいでしょ」 やっと言葉にした免罪符 罪悪感に変わるのは……いつだろう 私はもう動かなく…

死にながら生きていく私たち

喉に突き立てたままのナイフ "何が言いたいの?"と苦しめ続け 次第に出なくなる声と浅い呼吸 いっそのことそのまま引き裂けたならと 嗚咽でさえ吐き出せないようなぎりぎりの距離 自分自身を傷つけて徐々に削る命と 死にながらに耐えた生を 誰が讃えられるで…

言葉が途切れる。 元々繋がっていたのかもわからないが そのまま出てくることはなくなって何処かに葬られていく。 途切れるたびに、何か手ごろな言葉を探してきた気になってくる。 意味はあっているが、表現したかったものではない、何かになって。

影送り

君の指先から溢れ出るピアノの音 貴方の軽やかな舞のような 生まれるリズム 光が降り注ぐ窓辺からの景色 手持無沙汰の私は ただなんとなく ねぇ なんとなく歌ってみた 何にもできないと思っていた私に 貴方は優しく仕上げの色がついたようだといってくれた …

ブルーバード

手が届かないもの 精一杯伸ばし続けて 追いかけ続けるもの それにつられて 前と上を見続けた毎日に そそぐ光 憧れていた 飛べる自由 空いっぱいの青と ほそぼそしいくらいの心の青に 咲き続けている花の青 思い返せば ほら 必要なくなった翼も いつの間にか…

休職中でやっていたこと

休職中に思っていたことは このまま仕事が出来ないで衰退して行ったらどうしようという不安と 自分で稼げるようになれば 何にも不安なんていらなくなるという まさに気分の浮き沈みと共に 気合が入ったり入らなかったりで デイトレーダーっぽくなってみたり …

エンジェル

気ままに咲いた花のように 言葉を並べて遊んだ だけどコンクリートやアスファルトの上じゃ 上手く咲くどころか種も朽ち果てて このまま風に吹かれて 大事に芽吹ける その場所まで ほら 今 そう どこにも植えつけられない 私の背中にはきっと 翼が生えている…

バランスをとるためのもの

しばらく何も書いていないやって。 別にもう書かなくてもどうでも、なんだっていいのだろうけれど。 それでもなんだか頭の片隅で、そろそろ何かを出そう 何か生み出してみよう、みたいな感情とはまた別の感覚に近いものがあって。 何にも制限のされないとこ…

春霞

くるりと舞う桜の葉と 降り注ぐ朝の木漏れ日に混じり 視界はよく見えない まだ寒い空気を抱きしめて 冬までの思いをマフラーにして この景色の中歩いていこう ふわり浮かんでくる気持ちに 舞い落ちてくる桜の花びら 風が運ぶのは季節の変わり目だけじゃ無く …

新卒がうつになりまして

11月21日の「あれからそれから」で適応障害と診断されたと書いていたが後から見ると何とも言えないひどい文章。 元々文章が上手いというわけではないのですが まぁそれほどに思考がぐちゃぐちゃしていたのだろうと思う。 改めて追っていくと 新卒4月入社、5…

螺旋階段

「私が、今ここにいる」ことなんて 忘れてしまうくらいの感覚の中 上り続けている その螺旋階段のような 廻り続ける 日々を追っている いつからか 下を見ればその高さに怖くなって 遠く見晴らせるほどかと思えば 見たくないものに気を取られて いつ終わるか…

クリスマスが降る

何でもない日が 平等に訪れるように 街の華やかさは 目の前に平等に煌めくか 寒くて繋いだのか 離れないように繋いだのか 大切にしたかったからか忘れて 片方の手袋が道端に落ちてた 期待なんか一つもないのに せめてどこか静かで慎ましくあるように 騒がし…

砂時計

この手の中に収まるものを 全て翻して 再び音も立てず 時を刻み始めるは 砂時計 落ちていく間 その時だけをうまくつかめないで 積み重なる過去に 覚えたのはささやかな 焦りと儚さ 降り注ぐ粒にさえ思いを滲ませる せめて思い出が香りと共にあったのなら 過…

ダイビング

いつか私がずっと 感じ続けていけるもの それの空気を吸える間は 命と呼ぶことにしましょう 深い海に落ちたとしても 身体の中に残る酸素が まだ助けてくれる でもその酸素はどこかな? もしもね上手に見つけられたら 大きく息を吸って また深く深く潜れるん…

あれからそれから

思いついたことをひたすらに書いていこうと思うそんな今日この頃。 まぁ後から読んで恥ずかしいものだろうと何だろうと こうゆう風にアウトプットするという目的がないと この行為さえ「意味がない」で終わらせてしまいそうなので。 何をしたいかと問われれ…

大切

何か足りないんだ 探し回っては 満たされて そんな昨日さえも 翌朝起きてみれば 忘れていく きっと こんな風に 僕らはすがっては 脅され怯え 残されたものも見つけずに ひたすらに 進んでは いつから抱えた 大きくて小さい この身体を どうにかしたくて 決し…

どろんこオンチ

日々追われるように突き進み ふと 足跡を振り返ってみようと 後ろを見れば ぐちゃぐちゃな 砂の上 + 雨の日が 定常 舗装をされたアスファルト 元から足跡も残らない そんな固い道もあわないでいたけど 確実なものを積み重ね 一つ 一つ 確信を持てたなら 「…

がらんどう

月が歪んだ夜に 彷徨う亡者が求めるものは 何一つもなく 欲深くないことが罪に思え 陽で晒されてしまうことを恐れた 誰がどうと舞い上がる言の葉が そのまま私に降り注いで 罪の重さを感じては 身体が埋もれていく だからお願い世界は ずっと仲良くしててよ …

美しいもの

例えば 夜に羽を広げられる 自由を見つけたとして 迫りくる朝に それとなく 現実を知る それでも 然して 問題などもなく 朝焼けに受け入れて 消えた背中の 夜にまた羽をはやす始末だ 外に出てしまえたのなら 夜はどこまでも深くなどならず 全てを覆う夜で そ…

ゲシュタルト

痛みが続いても 辛くなかった そうであることが 普通になった 知らないうちに 強くなった そう思うことにしていた 正しいことに すがりたくなった 正しいことが 最後にあった 間違うことさえ 正しくなった そんな魔法を求めていた いつも許しが欲しく まだ動…

深淵

昔から私は 小さな祈りを 集めるのが好きで ずっとずっとしまい込んだ 耳を突けば鼓動で 心を刺せば言葉になるそれが 不思議でたまらなかった いくつも叫ばれた痛みや悲しみも そこに眠る想いを呼び起こしてしまえば 二度と知らない前には戻れないくらいの …