言葉が途切れる。

元々繋がっていたのかもわからないが

そのまま出てくることはなくなって何処かに葬られていく。

途切れるたびに、何か手ごろな言葉を探してきた気になってくる。

意味はあっているが、表現したかったものではない、何かになって。